So-net無料ブログ作成

グッドライフ 11話 最終回 あらすじ(ネタバレ) [話題]


華織(井川遥)と暮らし始めた羽雲(加部亜門)は、大地(反町隆史)の
ことなど忘れたかのように明るく振る舞っていた。
しかし羽雲が、強がって無理をしていると気づいた華織は、慎平
(鹿賀丈史)に会い、羽雲の心に大地がいる間は日本を離れられない
とフランス行きを辞退する。

そんなある日、羽雲は、ついに大地に会いたい気持ちを抑えきれな
くなり、一緒に暮らしていたマンションへ出かける。
が、すでに部屋は引き払われていた。
追ってきた華織も、無人の部屋で泣き崩れる羽雲を見つけ、大地が
何も言わず姿を消したことを悟ってがく然となる。

一方、大地は、明青医大からホスピスに転院し、ひとり静かに最期
の時間を過ごしていた。
訪ねてきた七海(榮倉奈々)にも、「息子が本当のことを知る日が来
たら渡して欲しい」と、羽雲への手紙を託し、かたくなにひとりで
最期を迎える覚悟を決めていた。

大地の行方を探す華織は、手掛かりを探し、マンションから持ち帰
った郵便物を調べていた。
そこに大地の遺影のような写真を見つけ、胸騒ぎを覚えて七海のも
とを訪れる。
大地のことで何か知っていれば教えてほしいと頼む華織に、七海は
何も知らないとしらを切るが・・・。

その頃ホスピスには、円山(伊原剛志)が訪ねていた。
「羽雲にしてやれることはもうない。私の役目は終わった」と、羽
雲に会わないまま最期を迎えようとする大地に、円山は「本当にそ
うでしょうか?」と諭すように話し始め・・・

主な出演者
・反町隆史
・榮倉奈々
・井川遥
・加部亜門(子役)
・伊原剛志
・鹿賀丈史

『グッドライフ』オリジナル・サウンドトラック


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。